とある百合好きの駄文置場。二次創作SSやアニメ・漫画等の雑記中心。ゆいあずLOVE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆるゆり♪♪ 第11話 『時をかけるあかり』 感想 さくひま時々etc…

さくひまのキャラソン聞きすぎて頭の中がさくひまで埋め尽くされました。
これはもうSS書くしかないじゃないかってくらい2828な曲で。
ていうか二人とも相変わらずお互いのことしか歌ってねーし!

おまえらがお互いのことを好きなのはよーくわかったから
好きだ好きだといちいち連呼するなし!

というのがわたくしの率直な感想なわけですが
とりあえずもっとやれし!

それはそれとして感想である。
実質最終回です。やはりラストはあの子が主人公か。


20120926-1.jpg

タイムマシンで1年前の過去へと飛んだあかりでしたが…
そこには懐かしき1期1話の光景が!!
実際、我々にとっても1年前ですからね。
とても懐かしく感じます。

ああ、こんなこともあったなぁと。

20120926-2.jpg

そうそう。さくひま初登場もこんな感じで最初から2828が止まらなかったの。
あと、1期でマフラー回見れたらいいなぁとか、そんなことばかり考えてた記憶があります。
まぁ2期に持ち越しになっちゃいましたけど。でも私的には大満足です。

この二人はね、当初から予想の斜め上をいくような事をやらかしてくれると信じてましたよ。
そんな確信的な何かを感じたのは、この二人を始めて肉眼で捕らえたその瞬間でした。
アニメ1期放送3ヶ月くらい前だった気がする。原作でね。

その感覚は言葉で言い表せるようなものじゃないね。
その時、金たろうに電流走る!
みたいな?

ゆいあずの時も同じように感じました。
懐かしす。懐かしす…(泣


20120926-3.jpg

過去のあかりと現在のあかり。その違いは2mmの身長の差。
それを見破れるあかね姐さんは、やはりあかりマスター。
二人もあかりがいたらヘブン状態で死んじゃうんじゃないかね?

姐さん曰く、興奮しすぎて限界だそうです。
だめだこの姉早くなんとかしないと。
おまわりさんこっちです!

20120926-4.jpg

みんなとの思い出が消えてしまうことがどれだけ酷なことか気づいたあかり。
ついにあかりは泣き出して、ぐちゃぐちゃのぼろぼろ。号泣です。
泣き顔も天使だった。大天使アカリエルの名は伊達じゃないね。
さすが実質最終回。ぬるぬる動くよ。作画がムダに気合入ってます。

やっぱりゆるゆりの真の主人公はあかりだなって思いますね。
存在感がないのが逆に存在感を際立たせています。
果たしてその事にいつになったら気付くのか。

20120926-5.jpg

過去から帰還したあかりを待っていたのは仲間達の涙と歓喜の嵐。
いやまったくいい最終回だった!涙あり笑いありの大団円!
これ以上のラストはないよね?

20120926-6.jpg

オチもついたところで次回、超最終回に続く!
これで動くさくひまも見納めとか俺に死ねというのかスタッフゥ!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。