とある百合好きの駄文置場。二次創作SSやアニメ・漫画等の雑記中心。ゆいあずLOVE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日常の第二十二話 感想と(ry

日常って24話構成なのか、それとも26話なのか、どっちだろう?
24話じゃあと2つで終わってしまうので断然26話までに期待したい。

でもらきすたも24話までだったしなぁ…。


とりま元気出して感想!


nichijo22-1.jpg

幽霊の類が信じられない中之条クン。
単身お寺に乗り込み、インチキを暴こうとあの手この手で和尚と対決。
しかし和尚、強い。中之条クンの巧みな話術もひらりとかわし、逆に中之条クンが辱めを受けることに。

和尚「ひ、ひくわー…」

その後中之条クンはなりふり構わず暴走。ご乱心ですw
その身に蒸気機関の霊?を取り付かせ、暴れまわる暴れまわる!

とりま私は腹筋崩壊してましたが何か?
こんな中之条クンを前に笑うなという方が無理だ。


人間はいつでも悪霊になれる by中之条


ホントそうですね。



nichijo22-2.jpg

みお姉は天才型。
みおもある意味天才型ではありますが、ねーちゃんはさらにその上を行きます。
剣道の練習もろくにしないのに全日本優勝、しかも師範代より強いとかどんだけですか。
しかも練習すれば逆に弱くなるとか…、マジパネェ…。

立花妹はそんなみお姉に一太刀入れるべく竹刀を取り出し一閃!
見事その太刀は師範代の頭上を直撃!

師範代の乗ってた自転車だけどっかいっちゃったよ?


nichijo22-4.jpg

師範代の乗ってた自転車は時間差でふぇっちゃんの落としたアイスの上を通過!
見るも無残なアイスの姿に心を折られたふぇっちゃんは、放心してうぇぼしの落とした肉まんを踏み潰し、さらにグチャグチャになったアイスの上に尻餅をつく。

それは、彼女の中からポジティブという言葉が消えた瞬間だった。

でも世の中3秒ルールというものがあるんだってヴぁ!
まぁ3秒どころの話じゃなかったけどね…。


nichijo22-3.jpg

中之条クンの快進撃は続く。

中之条クンの父親は何を隠そうあの大福のおっさん。
おっさんはどうやら中之条クンに跡を継がせようとしいるようで、
でも当の中之条クンはまったくやる気がありません。

堪らず逃げ出したモヒカンは、大福を取り外そうとして異変に気付く。
なんと、大福の裏には塗り立てのペンキが…、
おっさん…むごいことしやがるぜ…、

中之条クンは人生の選択に迫られる。
このまま大福として一生を過ごすか、無理やり外して自由を勝ち取るか。

そして彼が選んだ道は…、

自由。


nichijo22-5.jpg

進路相談。
立花みさとはアイツの家に嫁ぐ気満々のようです。

落ち着け立花 by先生

誰か式場の用意をしてあげて。


nichijo22-6.jpg

阪本引きつれて散歩に出たハカセでしたが、途中、麻衣ちゃんちのワンコとエンカウント。
臨戦態勢に入ったワンコたちに逃げ出すことも出来ずに震える二人、もう食べられて終わりかと思ったその時、
みおちゃんとゆっこという救世主が満を持して登場。
しかし結局役に立たず。
ワンコに噛みつかれたゆっことみおちゃんは魂の叫びと共にご臨終w
バディとコバディに看取られ息を引き取ったそうな…。


次回に続く!
あと2話か4話、さぁどっちだ!


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。