とある百合好きの駄文置場。二次創作SSやアニメ・漫画等の雑記中心。ゆいあずLOVE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日常の第十六話 感想と(ry


なんか日常ももう16話ですか…
ちょっと早すぎじゃないです?

1日が48時間あったらいいなと思う今日この頃。



nichijo16-1.jpg

エスプレッソのティーがエスプレッソのトールだった時の恥ずかしさったらない。
そしてエスプレッソのトールのスモールを頼んだつもりがエスプレッソのトールのショートだった時の(ry
ゆっこ氏、ことごとく空回り。知ったかぶり全開で赤っ恥であったという。
その後、やっとの思いで手にしたエスプレッソは極小の上に苦かったという。

たまにはこういう事もあるものです。


nichijo16-2.jpg

みお「これで(千円)勘弁してください」←土下座

最近巷で偽札が出回っているらしい。ということで警官に質問を受けるゆっことみお。
とは言え、一介の女子高生が偽札なんて持っているはずありませんが、みおちゃんが持っていたのはある意味偽札よりもやっかいなもの。
それを見られるくらいなら自首なんて当たり前、逃げる為ならリアル賄賂だって差し出す覚悟。

みおが持っていた厄介な代物とは…


nichijo16-3.jpg

バカヤロウ的な腐の遺産、BでLな代物だったそうな。

それをみられたみおは遂に人を凌駕し殺意の波動に目覚める。
見られたからにはもはや生かしておく価値がないと判断。警官にまさかの公務執行妨害、そして殺害。
なんとかすべてのページを回収したはずが、何を間違ったのかゆっこの手に残りのページが。

そしてみおの殺意はついにゆっこに向けられる…

nichijo16-4.jpg

ゆっこにドラゴンスクリュー。ゆっこ死亡。
通りすがりのジェントルに飛び蹴り。ジェントル死亡。
笹原氏のヤギこと小次郎にドラゴンスクリュー。しかしヤギ、かろうじて生き残る。

こうして尊い犠牲と共に、みおは己の秘密を守ったのだった。

nichijo16-5.jpg

東雲なのはロボであるというのは他のみんなには内緒ですが、
その正体を突き止めるため、ついにゆっこが行動を起こします。

nichijo16-6.jpg

東雲家を訪れるゆっこ。まさかの研究所にゆっこも驚きです。
突然アポなしで訪れたゆっこになの驚愕。勢い余って戸を閉めてしまいます。
しかしそこにハカセがやってきてゆっこを家に招き入れてしまいます。

ハカセ「ハカセです。なのを作りました」

あっけなく正体がバレてしまうなのw
ゆっこは目をキラッキラさせて浮かれまくりです。
当のなのは虫の息。完全にorzです。

nichijo16-7.jpg

なの「け、決してロボとかそういうんじゃっ…!」
ゆっこ「うん、わかってるって。なのちゃんがロボじゃないってこと。なのちゃんはなのちゃんなんだし、それでいいんじゃない? 今日はそれを言いに来たのだった♪ 忘れてたよ!」

この笑顔の天才めぇえええ!!

ゆっこは本当にいい子だなぁ。オラちょっとウルッときちゃったよ。

しかも門の上に憎い演出。きっと麻衣ちゃんが届けてくれたであろうなののネジが一本。
それを手に物思いにふけるなの。自分の背中に刺さったネジと見比べて。
ロボも悪くないなって思ったんじゃないかな。そうだといいな。

ゆっこ「さかもとだー、じゃあねー」
坂本「……」

坂本「……じゃあな」

そしてラストの坂本さんがカッコよすぎて泣けてくる。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。