とある百合好きの駄文置場。二次創作SSやアニメ・漫画等の雑記中心。ゆいあずLOVE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日常の第五話 感想という名の非日常


うおー。休みが終わってしまうー。助けてくれー。
休みを堪能と言ってもやってることはいつもと同じなので時間の進みが早いです。
朝飯食って、ゲームしてゲームして、アニメ見て、マンガ読んで、今に至る。
ってよく考えたら昼飯食ってなかった…どうりでお腹が空くわけです。

今夜は明日からの地獄に備えて早めに寝ることにします。
ゆいあず分もたっぷり補給したしね。満足かなかな。


というわけで日常れびゅーごー。


nichijo5-1.jpg 

博士だにゃん♪

冒頭から博士の可愛さは大気圏を突き抜けました。
猫真似ありがとうございましたー!我々の業界ではご褒美であります!
なのの言うとおり、これは萌え以外の何物でもありません。
萌えは文化、素晴らしいですね。

東雲家は今日も平和です。


nichijo5-2.jpg 

つまり イタコが信じられないんだ!!

この世の不思議を否定するモヒカンことナカノジョー君
イタコの真相を暴くため、その足で恐山に踏み込みます。なかなか行動力のある若者です。
イタコと言えば口寄せなるけったいな技を駆使する霊能力者。果たしてその実態は?

山中のド真ん中でイタコとエンカウントするモヒカン。
さっそくイタコにある人を呼んでもらうよう要求します。

「石鹸を呼んでください!」

人じゃねー!? そんなツッコミもさることながら、イタコのばーさんは己に石鹸を召喚。
石鹸を憑依させたイタコは、意味不明な石鹸語をペラペラと話し始めます。
マイクテスマイクテス、何を言ってるのかもはやわからない。 意味不明です。
そんな口寄せが本物かどうかも判断できないモヒカンは、もっと分かりやすい人物を要求することに。
その名は、歴史上知る人ぞ知る人物。織田信長。

「織田信長を呼んでください!」
「勘弁してください」

どうやら織田信長はご都合が悪いようです。体調の面もあるのでしょう。なにぶんお年寄りですから。
そして何かを察したモヒカンは、人は責められないと、ただ踵を返しその場を去ろうとしますが…。

「あ、お兄さん。五千円になります」

まさかの金要求。このババァ、ぬかしおる。石鹸だけで五千円とかぼったもいいとこです。
この世界の不条理に耐えかねたモヒカンは、その場で膝をつき、クラウチングスタートでまさかのダッシュ逃亡!
逃がさんとばかりに追ってくるババァ! 果たしてモヒカンは逃げ切ったのか、気になるところです。


nichijo5-3.jpg 

GOD IS DEAD!!  神は死んだ。

先週、私の目を光らせるような百合展開を見せつけてくれたゆっこ&麻衣ちゃん。
あんなことがあった今、私の目にはこの二人が何をしててもイチャイチャしてるようにしか見えません。
この二人の掛け合いは見てて和む前ににやにやします。やれやれ、私の百合脳も困ったものです。

たたいて・かぶって・じゃんけんぽん!!

私もよくやった懐かしい遊びで対決する二人ですが、しかし麻衣ちゃんまさかの反則技。
ぜったいに負けることのない秘奥義ぐちょぱを繰り出します。 よい子の皆は真似しちゃいけないぞ。友達なくすから。
ぐちょぱで勝って終わるならまだしも麻衣ちゃんは追い打ちをかけるが如く、その手に持った弥勒菩薩でゆっこの頭をかち割ります。

世知辛い世の中になったものです。


nichijo5-4.jpg 

う、生まれりゅー! by博士

なのの可愛がっていたダルマさんの目が片方ないことに気付いた博士。
ダルマの目の意味を知らない博士は、気遣いとばかりにその目に墨を入れてしまいます。
なかなかうまく書けない目。坂本氏の助言でサングラスモードのダルマを完成させた博士は、坂本氏とともに転げまわります。

絶望した。byなの

博士のぽっこりお腹から誕生した弟ことダルマさんを発見したなのの絶望した顔が辛い。
まるで息子のように可愛がっていたダルマさんがキズものにされ、絶望しない母がどこにいましょうか!
この日、人生のしょっぱさを学んだなのは、また一つ人間に近付いたのかもしれないですね。


nichijo5-5.jpg 

そうはさせん そうはさせんぞ!!

英語のテストに自分の書いた絵を載せてそれを問題にする桜井先生。
ニフラムで消えそうな謎の生命体の答えはFRYなわけですが、正直絵からFRYと読み取ることは難しい。
ゆっこの書いたモンスターってのもあながち不正解じゃないような気がしてなりません。

こうなれば自分が絵を描くと躍起になるゆっこ。
もし上手に描けたら自分の絵をテストに採用してほしいと頼み込んで、さっそく絵描きタイム。
かっこいい男を描いて誕生したのは、まさかの五月雨ジョージ。
それを見たみおは、空いた口がふさがりません。

ふつう、かっこいい男って言うのはこうだと、婦女子の技を駆使して男祭りを開催させるみお。
なぜか最終的に笹原氏の裸体になってしまうのは仕様です。
みおはいつだって笹原氏で妄想しちゃう婦女子なのです。

暴走して描いてしまったみおですが、まさかテストに採用されているとは露知らず。
見事にテストのメインを飾っていた笹原氏の裸体を見て、彼女は真っ白に燃え尽きたのでした。
人生とはしょっぱいもの。彼女もなの同様、この世界の不条理に気付いたのかもしれません。

それにしてもさすが我らのおねがいティーチャー桜井先生。
生徒の描いた絵をきちんと使ってくれる心根の優しい貴女にますます夢中です。

博士だにゃんは本当に萌えでしたねー、癒されましたよ(笑)
[ 2011/05/02 22:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。