とある百合好きの駄文置場。二次創作SSやアニメ・漫画等の雑記中心。ゆいあずLOVE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

唯梓SS 『 カッコユイ:真・裏 ―堕ちてゆく二人― 後編 』

※R-18です。閲覧の際は自己責任でお願いします。

※追記からどうぞ!



「じゃあスカートたくし上げて、私に見せてみて。梓のがどうなってるか見てあげるから」
「えっ…そ、そんな…それは…」
「嫌なの? それじゃあもうここでおしまいになっちゃうけど…それでもいいの?」
「そ、それは…やです…」

そりゃそうだ。まだ一回もイってないのに、ここでやめたら生殺しもいいとこだ。

「じゃあ、言うとおりにしなさい」
「は、はい…」

私はソファに踏ん反り返りながら、目の前で立ちすくむ梓を視姦する。
梓は目を瞑りながら、顔を真っ赤にして、おずおずとスカートに手を掛ける。
そしてゆっくりと、ふるふると震える手で、スカートを持ち上げていく。
その先にあった三角地帯は、すでにグショグショに濡れていて、梓のワレメも透けて見えていた。

「すごいグショグショだね…オマンコの形まで分かっちゃうよ…?」
「やぁ…見ないで…」

もしかしたら、アソコを見られるより、汚れた下着を見られることのほうが恥ずかしいのかもしれない。
もっとも、女として恥ずかしい部分を見られて、感じてるみたいだけどね。
それからもう1つ、私には気になることがあった。

「梓ってば、結構エッチな下着穿いてるんだね…紐パンだなんて…」
「あっ…これは…その…」

その指摘に、梓は真っ赤な顔で俯いてしまう。

「もしかして…勝負パンツとか?」
「っっ!!」

梓の身体がビクンと跳ね、顔が沸騰する。

ああ、図星なんだ。今日の私って冴えてるなぁ…。

「ふーん…梓ってば最初から期待してたんだ…私とこんな風になりたいって」
「うぅ…ぅぅ…」
「私とエッチな関係になりたくて…穿いてきたんでしょ?」 

私の質問攻めに、梓は小さく呻き声を上げながら、ギュッと目を閉じて震えている。
そんな欲情を駆り立てるような反応をされると、ますます意地悪したくなる。

「ねぇ、どうなの? 答えてよ」
「あ…ぅ…はい…先輩とエッチなことしたくて…穿いてきました…」
「厭らしいね…でもいいよ。そんなエッチな梓が私は大好きだから」

そう言うと、梓の顔が少し緩んだ。

「じゃあ梓、まずはそのパンツを脱ごうか。紐外せば、簡単に取れるでしょ?」
「は、はい…」

梓は片方の紐をすっと引くと、ハラリとショーツが宙を舞った。
簡単に脱げる分、エッチには最適なショーツだと分かる。
もちろん、ファッションで穿く人だって五万といるだろうけど。
床に落ちたショーツを私は手に取った。

「すごい汚れてるねぇ…梓ぁ?」

ニヤニヤと厭らしい笑みを浮かべながら、梓にショーツを見せ付ける。
カーッと、顔を茹蛸のように真っ赤にさせると、そのまま俯いてしまった。
下着の股布の部分をまじまじと見ると、梓の淫汁をこれでもかってくらい吸い込んでいた。
恥ずかしい女の汚れ…。

「梓のオマンコも、ぐっしょりだね」
「い、言わないで…」

見れば、梓の発情したオマンコからはトロトロとおつゆが零れている。
早く舐め取って欲しいみたいに見えて仕方がない。
ていうか、私のそろそろ我慢の限界かも。

「じゃあ梓、今度は梓がソファに座って?」
「あ、は、はい…」

梓は返事をすると、私と入れ替わるようにソファに腰を下ろした。
股は当然閉じられていて、その場所を目視することはできない。
私は梓の前に膝をつき、梓に言った。

「それじゃ、足開いて…ちゃんと私に見えるように」
「わ、わかりました…」

もう強情を張るのはやめたらしいのか、素直に私の言葉にコクンと頷く。
それから股を開き、厭らしいところを露わにしていく梓。
両手で足を持って、完全に開いたアソコを私に見せ付けてくる。

「うわぁ…厭らしいオマンコだね。おつゆがどんどん垂れてきてるよ? ホント、どうしようもない変態だね」
「いやぁ…」

ツインテールを振り乱しながら、イヤイヤと頭を振る梓。
羞恥で顔が真っ赤だ。

「じゃあ梓、次は指で自分のオマンコ開いてみせて」
「…恥ずかしいよぉ…」

恥ずかしいとか言いながら、梓はそーっとワレメを開いていく。

「イヤぁあ、恥ずかしいよぉ」
「とっても恥ずかしい格好になっちゃったねぇ。オマンコの中、丸見えになってるよー?」
「やああん…」
「すっごい…奥の方まで綺麗なピンク色だ…」

じーっと視姦しながら、実況を続ける私。
見られるだけで感じているのか、梓の淫穴からは止め処なく愛液が溢れる。
自分の手で広げられた花びらの奥は、ヒダがまるで別の生き物みたいに蠢いていた。

「さーて…それじゃあどうして欲しい? 梓?」
「はぁあっ…な…」
「な?」
「舐めて…舐めてください…」

厭らしくもそうおねだりしてくる梓。

「そんなにオマンコ舐めて欲しいの?」
「は、はい…舐めてっ」

いいよ…って、普通は言うところなんだろうけど。
私は意地悪な女の子だからねぇ。
そう簡単には欲しいものは上げられないよ。

「舐めて欲しかったら、”梓の厭らしいオマンコをメチャクチャにしてください』って言って?」
「はぁはぁ…梓のぉ…厭らしいオマンコ…メチャクチャにしてくださいぃぃ…」

オマンコへの刺激に飢えた雌ネコが、命じられるままに卑猥な懇願をした。

「ふふ…じゃあ頂きます…」

そう言って、私の愛撫を待ち望むワレメへと、私は顔を埋めた。
愛液とおしっこ、そして汗の匂いが私の興奮を高める。
クリトリスは恥ずかしいほどに勃起し、舌でしゃぶって欲しいと言っている。
愛液にまみれたクリトリスをひと舐めすると、梓は体を震わせて歓喜の声を上げた。

「ひぁあぁあっ!! そこらめっ…! そこらめぇっ…!」
「じゅるっ…じゅぷっ…ちゅぅぅっ!」
「あ、あ、そこ、気持いぃ…くぅ…ああっ」

淫穴から溢れた愛液をまるでバキュームのように吸い取ると、梓は堪らず喘ぎを上げる。
しかし、舐めても吸っても、奥から奥からメスの淫汁が垂れてきた。

「ズズっ…ちゅちゅぅ…じゅるるっ」
「あひぃっ! はぁあああっ! あああ、ああっ…」

それをズズっと啜り、またクリトリスを舐め回す。

「いぃやぁぁ…!」

ツンと、限界まで勃起したクリトリスを舌先に感じた。
コリコリとした感触と、愛液の味が堪らなく美味しい。
私は、クリトリスを重点的に舐めまわし、梓の反応を楽しむ。

「ふぅっ…ああっ!…んくぅっ…はぁ!」

すると、梓の腰が勝手にクイックイっと自然に動き出した。
性感が極限まで高められた身体が、私の愛撫を求めている。
ぬちゅぬちゅ、と言う厭らしい音が音楽室に響いた。

もし、こんなところを誰かに、それこそ先生にでも見られでもしたら停学は免れないだろう。
いや、下手をしたら退学なんてこともありえるかもしれない。
今日、音楽の授業があるクラスがあったら、間違いなく私達の行為は見られていた。
授業が始まっても誰も入ってこないってことは、今日は無いってことなんだろう。
そう考えると、私達はずいぶんと運がよかったのかもしれない。

「んはあっ!ああっ、んくっ、わ、私ぃっ…もうイクっ…イっちゃうよぉ…!」

荒い息遣いをしながら、梓は絶頂への階段をのぼり始めていた。
あと何度か舐めるだけで、梓はイってしまうだろう。
でも、ただイカせるだけじゃつまらない。

「ふふ…もうイキそうみたいだね。もう我慢できないって顔してるよ?」
「イヤァア…イヤァっ…」
「うふふ。"オマンコいかせてください"って言ったらイカせてあげる」
「はぃぃ…いいますっ…いいますからぁ…だからぁっ」

梓の言葉には羞恥心の欠片もなかった。
ただ絶頂を迎えたいだけ。
だから厭らしい言葉を言うのも躊躇わない。

「…オマンコぉっ…いかせてくださいぃぃぃぃ!!!」
「…了解…」

私は最後の仕上げとして、舌を窄めて固くして、膣内に勢いよく差し入れた。
じゅっぽじゅっぽと厭らしい音を立てながら、梓の淫穴を攻め立てる。
それからほどなくして…

「ああっイクっ!オマンコいくぅぅぅ!!ひあぁぁぁぁっ!!」

最後はほとんど悲鳴のような喜びの声を上げて、絶頂を迎えた梓。
ビクンビクンと身体を仰け反らせながら、厭らしくイってしまった。

「はぁはぁ…うくぅ…ふぅ…はぁ…」

荒く息をつきながら、絶頂の余韻に浸る梓。
でも、私はまだ終わるつもりはなかった。
だって、まだ私は梓の一番大切なモノを貰っていないからね。

「梓…」
「はぁはぁ…な、なんれふかぁ…?」

梓はトロンとした目をして、真っ赤な顔で私を見つめていた。

「もう…いいよね? 梓の初めて…貰っちゃうよ?」
「あ…」

その一言を聞いて、梓の瞳が揺れた。
それから少しの間考えるような素振りを見せると、コクンと頭を縦に振った。

「えと…初めてですから…その…」
「うん。大丈夫だよ、優しくするから…」

もちろん最初は、だけどね…。
その先は、正直約束はできない…。

「じゃぁいくよ…」

私は愛液で濡れた秘裂を上下になぞりながら、その奥を目指して指を這わせる。

――ずぷっ…

「んくっ…ふー…」

入り口を穿るように中指を挿入していく。梓は切ない声を上げた。
沢山濡れているためか、あまり抵抗はない。
私の指が柔らかなヒダヒダを押し広げるように奥へ進んでいく。
まだ、第一関節も挿入されていない。
なのに…。

「くぁっ!…っ…」

梓はギュッと目を瞑り、苦悶の表情を浮かべる。
目尻には涙を浮かべ、必死に耐えている。
やはり痛いらしい。

未だに誰も許したことの無い梓の膣は、私の指を拒絶するかのように押し返してくる。
その痛ましさが私の胸を締め付けるが、梓は黙って耐えているのだから私もそれに応えようと思う。
私はさらに指を進ませる。


「あぁあっ!…くぁっ…ぃたぁ…」
「大丈夫? 梓?」
「だ、だい…じょぶだから…だから…さいご、まで…」
「うん…」

梓の覚悟に水を差すわけにはいかない。
梓は望んでいるのだ、私に奪われることを。
指を進めていくと、ふいに膜のようなものに行き着いた。
梓の処女膜だ。

「梓…」
「あはは…そ、そんな顔しないでください…私は大丈夫ですから…」

どうやら自分でも気付かないうちに、心配そうな顔をしてしまっていたらしい。
でも、痛がる恋人を気遣うのは至極当然の事。どうやったって心配はしてしまう。

「一気にきてください…」
「梓…うんわかった。これから梓を私のモノにするよ…」
「はい…早く先輩のモノになりたいです…。先輩だけのモノに…」

梓はうわ言のようにそう言いながら、静かに目を閉じた。

「じゃ、いくよ…」
「…きて…ください…」

私は指をもぞもぞと、処女膜を撫でるように動かす。
そうすると梓は「ぁ…ぁ…」と小さく切ない声を上げる。

梓に苦痛を強いるのは一度だけだ。一瞬で決める。
そう思って、中指に力を込める。

そして一気に――


――ぶつっ…!


「ひぐぁっ!!…っ…いたぁ…!」


処女膜が引き裂かれた瞬間、梓は悲鳴を上げ、顔は苦痛に歪む。
梓の処女膜を貫いた膣からは、赤い液体が指を通して流れ出ていた。
その血が、梓の純潔を奪った何よりの証。
梓が私のモノになった証。

「ぃ…ぃたぁ…ふぅー…ふぅー…」
「大丈夫? 痛い?」

痛みから大きく息をついている梓に、私は心配になって気遣いの言葉を投げかける。

「ぅ…うん。だいじょうぶ…です。まだちょっとピリピリしますけど…その…そこまでは痛くないです」
「そうなの?」

もしかすると、十分に濡れているから、少しは痛みが和らいだのかもしれない。

「それに…この痛みは唯先輩が与えてくれたものです…唯先輩がくれたものなら、どんなものでも贈り物ですよ…」

梓は破瓜の痛みを望んでいた。
想い人に処女を捧げることができた嬉しさからか、梓はポロポロと涙を流し始める。
それから、えへへっと可愛らしい笑顔を浮かべた。その顔はとても綺麗だった。

愛しい…。この子の事が何よりも愛しい。
私は、この少女の事を一生大事にしていこうと心の中で誓った。

「梓…」
「あ…」

梓に顔を近づけ、優しくその唇に口付ける。

「んっんっ…ちゅっ…」
「ちゅっ…んんっ」

啄ばむようなキスをして、ゆっくりと離れた。
梓は私を潤んだ目で見つめてくる。

「梓…愛してる」
「うん。私も、愛してる…」

その後、少しの間じっとしていた。
梓の痛みが和らぐまで、じっと。
そしてふいに、梓は口を開く。

「先輩…もう大丈夫ですよ…好きなように、動かして?」

梓はそう言うけど、未だにその表情には苦痛の色が見える。
こんな状態で本当に大丈夫だろうか?

「いいの?」
「もう…さっきも言ったじゃないですか…先輩がくれる痛みは贈り物だって…」
「…そうだったね…わかったよ梓」

梓がこうまで言ってくれているのだ、これ以上待たせるのは梓に対する侮辱だ。

「じゃ、いくよ…」

私はゆっくりと指を動かしていく。
途端に梓の膣内からぐちゅぐちゅという厭らしい音が立ち始める。
梓の膣はぎゅーぎゅーに私の指を締め付け、中のヒダヒダが絡み付いてくる。

「あっ…あ!…やっ、ぃたい…よぉ…!」

梓は涙を流し歯を食いしばっていた。
襲いくる痛みを必死に耐えている。
それでも私は手を止めず、ゆっくりとピストン運動を繰り返していく。

「ふぅっ!ああっ!っ…イっ…くっ…!」
「梓…すぐに気持ちよくしてあげるからね…」

私は痛みを和らげるため、胸の突起を愛撫する。
指でつまみ、転がし、膣内の痛みを和らげようと快感を送る。
もちろん、その間もピストン運動はやめない。

「はぁっ!ぁあっ!ん、んっ…あああっ…!」
「少しは痛みがなくなってきたみたいだね…」
「は、はい…ああっ…な、なんだか…変なんです…じんじんして痛いはずなのに…でも、でもぉ…」

感じ始めていることに気付いた私は、少しずつ動かすスピードが速くしてゆく。
梓も痛みばかりではなく、少しずつではあるが快感を感じていった。
その声にも苦痛だけでなく、甘い響きが加わっていた。

「あんっあんっ!はぁあっ!」

胸だけでなく、全身に舌を這わせた。
感じるところを舐め、触り、弄られて、梓の快感は高まっていく。

「あんっ!イっ…ひぁ!んはぁっ!」
「もう全然平気みたいだね…顔もどんどん厭らしくなっていくよ」
「は、はいぃ…なんだか…ふわふわしてっ…飛んじゃいそうですっ…」

梓は絶え間なく喘ぎ声を上げ、開かれた口からは涎を垂らしている。
ようやく、さっきまでのエッチな梓が戻ってきたようだ。
それなら、私も遠慮なく攻められる。

私は指を2本に増やして、梓の膣内を激しく攻め立てた。
指を折り曲げ、感じるところを重点的に攻めていく。

「ああああっ!…はあ!…それダメぇっ!」
「もうイキそうなんでしょ? いいよ、イって。厭らしくイって?」

耳元でそう囁くと、梓の身体がビクンと反応した。
その瞬間――。

「ああっ!だめっ!だめえぇぇっーー!いく!いっちゃう!いく!いくっ!ああっ!いっくぅううぅぅっーー!!」

私の指を痛いくらいにぎゅーぎゅーに締め付けて、梓は絶頂に達した。
きゅっきゅと膣内が痙攣して、私の指を離そうとしない。
梓は女の表情で、はぁはぁと荒く息をつき、絶頂の余韻に浸っている。
口を大きく開き、その奥で舌が何かを追うように動いている。
涎まで垂らして…本当に厭らしい…。

その様子を目の当たりにした私は、自分の中でぷつん、と何かが切れたのを感じた。

(ああ…ダメだ…やっぱり私に優しくなんて…出来そうにないよ…ごめんね、梓…)

こんな厭らしい姿を見せられてしまったら、私はもう止まれない。
もっともっと厭らしい姿を見なければ気がすまない。

――ずぷっ…ぬちゅ…

私は未だ梓の膣内に挿入された指をすぐに動かし始めた。

「ひぐっ!ひゃ!にゃぁっ!せ、せんぱっ!」
「梓…まだ終わってないよ…梓にはまだまだイってもらうから…」

そう言って、梓の中をさらに強く、ヒダを引っ掻くように攻める。
途端に、梓の中からは、ぬちゅぬちゅ、ずちゅずちゅ、ぐちゅぐちゅと厭らしい音が立ち始めた。

「ま、まって…ひぁぁあ!…まだ私ぃ…イったばっかだからぁ!あひぃい!壊れちゃうぅ!壊れちゃうよぉー!」
「…壊れていいよ…もっともっとおかしくなって…」

さらに1本指を追加して、3本指で膣を突いた。
じゅっぷじゅっぷ、と粘ついた音が響く。

「はにゃっ!にゃっ!ぁああ!っ!?」
「……放課後、みんながくるまで…いっぱいイカせて上げるから…」
「ッッ!!? あああっ! んはぁっ!んぐっ!イヤァアっ!」
「うふふ、イヤとかいいながら…自分から腰振ってる梓は何なのかなぁ…」

梓はすでに快楽の虜となっていた。
指の動きに合わせるように自分から腰を振り乱し、さらに快感を得ようとしていた。
顔を真っ赤に染めて、舌を突き出し、厭らしくよがり狂う。

ああ…やっぱりいい…。すごくいいよ梓…。
私はずっと…梓のこんな姿が見たかったんだ。
犯してしまおう、心も、身体も、全部全部。

「私無しじゃ…生きられない身体にしてあげるからね…梓…」

私の言葉は、果たして梓に聞こえていたかどうか…。
梓はただひたすら、押し寄せる快楽の波に身を任せ、絶頂を繰り返していく。
ふかーい、ふかーい、快楽の海の底に沈んでいく梓を見つめながら、私は歪んだ笑みを浮かべていた。




―放課後へ続く―




【あとがき】

わりぃ!俺死んだ!

みんな後はよろし(ry

ピーーーー(心臓停止

[ 2010/06/19 21:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
くぁwせdrftgyふじこlp
作者ー。だいじょ…ぶ?
てか唯すごくかっこよかった。
[ 2011/04/08 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。