とある百合好きの駄文置場。二次創作SSやアニメ・漫画等の雑記中心。ゆいあずLOVE!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆいあず!シリーズSS EP04『逆襲の唯!』

注意:R-18指定閲覧の際は自己責任で!

※追記からどうぞ!


「う~ん・・・いい天気だねぇ~」


私は気持ちのいいポカポカ陽気に思わずぐ~っと伸びをする。
今私がいるのは学校の屋上。なぜ屋上にいるかと聞かれれば、お昼休みでお弁当だからだ。
言ってる意味が分からない?
…お昼ごはんを食べるために屋上にきてるんだよ?

え?なら最初からそう言えって?ぶぅーー!

まあそんな事はさておき、私は週に2、3回位はこうして屋上でお昼をすごしている。
…もちろん一人じゃないよ?


「すぅ・・・すぅ・・・んん」


私の隣ですやすやと眠っているのは、恋人のあずにゃん。
あずにゃんはお昼を食べ終わったあといつの間にか眠ってしまっていた。
もしかしたら昨日遅くまで起きてたのかもね。

まあ起こすのも悪いから、そっとしておくことにする。
その代わりと言ってはなんだけど、私はあずにゃんの寝顔を堪能することにした。


「ん…すぅ…すぅ…」


うーん、見れば見るほど可愛いよねぇ…。
こんな可愛い子が私の彼女だなんて、私は世界一の幸せ者じゃないかな?

――と、そんな幸せに浸っていた時だった。
ふと、あずにゃんが寝返りを打つ。


「うぅ~ん...すぅ....」

「あっ!」


私は驚いて声を上げる。
なぜなら寝返りを打ったあずにゃんのスカートがちょっとだけめくれあがったからだ。


「........ごくっ........」


――思わず喉を鳴らす。


(・・・あとちょっとめくれれば・・・あずにゃんのぱんつが・・・・・・ハッ!)

「わ、私何考えてるの?」


イケナイ考えを消そうと頭をぶんぶん振る。
しかし一度考えてしまった事はどうにもこうにも頭に残ってしまう。
…私はキョロキョロと辺りを見回した。


(誰もいない・・・)


いつもなら私達だけじゃなくて他の生徒もいたりするんだけど・・・今日に限って私達二人だけだった。


そ~~


そう――きっと無意識だったんだよ。
いつの間にか私はあずにゃんのスカートに手を伸ばしていた。

そして・・・


ぴらっ


めくったスカートの下から現れたのは、あずにゃんの可愛いぱんつ。
――そして私が変態さんになっちゃった瞬間でした・・・うぅ。


(・・・ピンクの縞々・・・ごくっ・・・)


その可愛らしいぱんつを見ているだけで私の理性が少しずつ溶けていく。


「・・・ちょ、ちょっとくらいなら・・・」


どうやら私の脳は理性を保つ気はないらしい。
あずにゃんを起こさないようにそ~っと両足をM字に開いていく。
そしてあずにゃんの大事な所を守っている三角地帯をジーーっと凝視した。


(うう・・・えっちだよぉ・・・)


私はさらにあずにゃんのアソコに顔を近づける。
――距離にして1cm弱。
もう触れるか触れないかの状態だ。
私はその状態でクンクンと匂いを嗅ぐ。


(はぁ~~・・・くんくん・・・あずにゃんの匂い・・・す~は~・・・いい匂い・・・)


脳を蕩かしていくその匂いに一瞬トリップしそうになるけどなんとか持ちこたえる。
それでも私はもう我慢の限界だったんだけど…


「い、いいよね?・・・あずにゃん寝てるし・・・きっと大丈夫だよ!」


一体何が大丈夫なんだろうか。
ぜんぜん大丈夫じゃないのに。

でもそんな時だった。

ふいに私は、先日のエッチで嫌がる私に恥ずかしい格好をさせて喜ぶあずにゃんを思い出す。


「むむ・・・あずにゃんばっかりズルイよねぇ・・・私だってぇ・・・」


心は決まった。
今度は私があずにゃんをいじめる番だ。
そう結論づけて、私はぱんつ越しにあずにゃんのぷっくりしたアソコに触れる。

ぷにゅっ

――そんな効果音が聞こえた気がした・・・。


(うわぁ・・・やわらかぁい・・・)

「ン・・・はぅ・・・」


一瞬、起きたかな?・・・とか思ったけど、目を開けてないから大丈夫みたい。
私はさらにシュッシュッと指を上下に動かす。
するとぱんつの真ん中にじわ~っと染みが出来てきた。


「わー・・・あずにゃん・・・寝てても感じてるのかな?」


さらに強く上下に動かす。
それに合わせてぱんつの染みも大きくなっていく。
その部分からはくちゅくちゅといやらしい音をさせていた。


「ンっ・・・あっ・・・はぁん・・・」


そしてぱんつの染みが出来ている中央を人差し指で軽く押す。


「ひぅっ!」


するとあずにゃんは甲高い声を上げた。
気になった私はチラッとあずにゃんの顔を見る。


(?・・・あれ?)


あずにゃんは目を閉じたまま真っ赤な顔でプルプルと震えていた。


「あ、あれ?・・・あずにゃん、もしかして起きてる?」

「っ・・・」


あずにゃんは私の問いかけには答えず、目をギュッと瞑ったままだ。
でもこの反応・・・明らかに起きてるよね?
いつ起きたんだろ・・・もしかして最初からだったり?


(ふ~ん)


私はニヤリと笑い、もう一度あずにゃんに問いかける。


「あずにゃ~ん・・・起きてるんでしょ?」

「・・・・・」


どうやら目を開ける気はないらしい。
そんな真っ赤な顔でいたらバレバレなのにね。


(ふーん・・・そっちがその気なら・・・)


私は対あずにゃん用最終兵器を投下することにした。
あずにゃんの耳元に顔を近づけ出来る限り優しい声でそっと囁く。


「あ~ず~さ~♪」

「っ!?」


その瞬間、あずにゃんの身体がビクッと反応し、パチッと目が開かれた。


「えへへ、やっぱり起きてたぁ~」

「う・・・うぅ・・・ゆ、唯先輩のバカぁ・・・」


あずにゃんは目をウルウルさせながら私を睨んでくる。
睨んでるのにぜんぜん迫力がないんだよね。
こういう時のあずにゃんは本当に可愛い。


「ねぇねぇ、いつから起きてたの?」


一応気になったのであずにゃんに質問してみる。


「う・・・えと・・・その・・・唯先輩が・・・す、スカートめくったあたりから・・・」


えーと・・・それは最初からって事だよね?
でもでも、その時点で目を開けなかったってことは、実はあずにゃんちょっと期待してたのかな?


「あれれ~、ならどうしてその時に目を開けなかったの?」


私はわざとらしくあずにゃんに質問する。


「えっ!・・・そ、それは・・・」


あずにゃんはさらに顔を赤くして目を逸らす。
・・・うーん、やっぱりこれは間違いないよね・・・うふ。
でも今日の私はあずにゃんをいじめるって決めてるからそう簡単にはいかないのだよ。


「まあいっか、じゃああずにゃんも起きたことだしそろそろ教室にもどろっか?」

「・・・え・・・?」


私の提案に途端に不満そうな顔をするあずにゃん。


(うふふ・・・ちょっと楽しいかも・・・)

「あれ? あずにゃんどうかしたの?」

「え? い、いえ、べ、別に・・・何も・・・」


あずにゃんは真っ赤な顔でもじもじしながら両足を擦り合わせている。
さっき中途半端に終わらせちゃったからもやもやしてるんだよね、きっと。


(ふふっ・・・じゃあ、そろそろいいかな・・・)


そう思った私は、あずにゃんをぐいっと抱き起こし優しく抱きしめ、耳元でそっと囁く。


「ねえ・・・梓?」

「っ!」


名前で呼ばれた事でビクッと身体が反応する。
それを無視して、私はさらに言葉を続ける。


「・・・本当は・・・どうして欲しいの・・・?」


梓が何を求めてるかは分かってる。
でもそれをあずさの口から聞かないと意味が無いのだ。

私の問いかけに梓はおずおずと口を開いた。


「うぅ・・・その・・・し、してほしい・・・ですっ・・・」


ようやく梓は自身の望んでいることを口にする。
抱きしめているから顔は見えないけど、きっと茹蛸みたいに真っ赤なんだろうな・・・。


「してほしい?・・・なにを?・・・どうしてほしいの?」

「えぇ・・・そ、そんなぁ・・・い、いじわるぅ・・・」

「ほらほらぁ~、早くしないとお昼休み終わっちゃうよぉ?」


私は、ふぅっと梓の耳に息を吹きかけながら、さらに梓を追い詰める。
逃げ場所なんて何処にも用意してないんだからね、あずにゃん。


「あん・・・・・はぁ・・・・はぁ・・・うぅ・・・・・ゆ・・・・・」

「ゆ?」


そして次の瞬間、梓から発せられた言葉は想像以上だった。


「ゆ、唯先輩の指でぇ・・・・・わ、私のぉ・・・・おまんこ・・・を・・・・いじめてくださいっ・・・・!」


プツン


その一言で私の中の何かが音を立てて切れた・・・。





**





「ちゅる・・・じゅる・・・ちゅ・・・ん・・・ちゅ」


私は梓の唇に吸い付き激しく舌を絡める。
いつもは優しくキスしてくんだけど今日は初めから全開だ。


「ちゅぴ・・・じゅる・・・ん・・・ちゅう・・・ちゅ」


でもそんな私の口付けも梓は嫌がりもせずに答えてくれる。
そんな梓がたまらなく愛しかった。

私は梓の制服のリボンを外し、ブラウスのボタンを上から順に外していく。
そして3つくらい外したところで右手をシャツの中に差し入れた。
さらにブラの上から敏感な先端部分を指で擦っていく。


「あはぁっ・・・んっ・・・ちゅる・・・ちゅ・・・あんっ・・・」


甘い喘ぎ声を上げると同時に先端のポッチが硬くなっていく。
それを確認した私はブラの中に指を差し入れポッチをコリコリといじる。


「ひゃあっ・・・んちゅ・・・あんっ・・・ちゅ・・・あぁ・・・」


キスと胸への愛撫を続けながら空いている手を梓のぱんつの中に入れ割目をなぞる。
梓のそこはさっきの愛撫ですっかりとろとろになっていた。


「んんっ・・・ちゅ・・・あはぁ・・・ん・・・ちゅる・・・あんっ・・・はぁぁ」


舌を絡めながら梓は甘い吐息を漏らす。
そして私の首に腕を回し、さらに密着してくる。
それが嬉しくて、私は中指を梓のアソコに挿入していく。
もちろん…さらなる快楽を与えるためにね…。

ずぶずぶっ

「あんっ!・・・ちゅ・・・ひぅ・・・んんっ・・・ちゅる・・・」


梓は甲高い喘ぎ声を上げながらも決して唇を離そうとしない。
私は挿入した指をゆっくりと動かしていく。
ずちゅずちゅっと梓のアソコからいやらしい音が聞こえた。

唇を離し梓の顔を見つめる。
唇を離した事に不満そうだった梓だったけど、アソコに入れた指を動かすたびに甘い嬌声を上げていた。


「あんっ・・・やぁあ・・・・んんっ・・・・あはぁ・・・・あんっ・・・・・ゆ、びぃ・・・きもちいいよぉぉ・・・」


梓はあまりの気持ちよさからか口を開いて舌を突き出してくる。
それはまるで私の舌を求めている様に見える。
頬を上気させ、さらには目の焦点があっていない。
ただただ快楽を求め、いやらしい喘ぎ声を上げるだけだった。


「ふふ・・・気持ちよさそうだね?・・・どこがそんなに気持ちいいのかなぁ?」


「あんっ・・・あはっ・・・んん・・・あんっ・・・そ、そんな・・・こと・・・あんっ!・・・い、いえないよぉぉ・・・」


強情な梓…。
どうやらまだちょっとだけ余裕があるようだ。
けどこんな所で引き下がる私じゃないのだよ・・・くふふ。


「へ~・・・そっかぁ・・・じゃあもうやめちゃおっかなぁ?」


今日の私はどこまでも意地悪だなぁと自分でも思う。
でも仕方が無い・・・こんな梓を見ちゃったらやめられるわけがない。


「あぁんっ・・・やぁあ・・・あんっ・・・やめ・・・やめちゃやぁぁ・・・」


梓は首を横に振りいやいやする。


「じゃあ・・・言ってみて?・・・どこが気持ちいいの?」


私は自分の出来る精一杯の甘い声で梓に問いかける。
今の梓なら絶対素直になるってわかってるから、聞かずにはいられない。


「あぁぁ・・・あんっ!・・・はぁあ!・・・お・・おまんこぉ・・・おまんこがいいのぉ・・・!」


梓は口の端から涎を垂らしながら、いやらしい言葉を口にする。
もうここが屋上だって事すら、梓の頭には無いのかもしれない。


「ふふ・・・よくできました♪ じゃあ・・・ご褒美あげないとね?」


指を2本に増やし、指を折り曲げる。
そして激しくアソコを攻め立てる。それだけで梓の膣内からぐちゅぐちゅと音がする。
すでにぱんつは梓のおつゆでぐっしょりと濡れ、意味を成していなかった。
さらに梓の弱いところを重点的にかき回していくと、それだけで梓の喘ぎ声はどんどん高まっていく。


「あああっ!・・・あんっ!・・・あぁ・・・あんっ・・・いぃ・・・あはぁんっ!・・・」


――もうそろそろ限界かな?
そう思った私は梓のだらしなく開いた唇に舌を差し入れる。


「んぐっ・・・んん・・・あはぁ・・・んん・・・あんっ・・・ちゅぷっ!」

「ん・・・ちゅる・・・ちゅぴ・・・ちゅ・・・」


激しく絡まる舌を離すと大量の唾液が私達の舌先からこぼれ落ち、制服を汚していく。
私はラストスパートをかけ、さらに激しく指を動かした。

ぐちゅぐちゅずちゅずちゅっ

「ああっ!・・・あんっ!・・・い・・・あん!・・・あはぁっ・・・気持ちいぃっ!・・・も・・・もう・・・だめぇぇぇ!!!」


「いいんだよ? イっても・・・」


梓の耳元で優しく囁く。
ついでに右手で乳首をきゅっと摘む。


「ひゃうんっ!・・・あっ!・・・あっ!・・・ああ・・・いくっ!・・・いっちゃうよぉ!!・・・ふにゃあああああああぁぁぁぁっ!!」


梓は可愛らしい嬌声を上げ絶頂に達した。
アソコからは大量のおつゆが溢れ出し、地面にぽたぽたと滴り落ちていた・・・。





**





「ぶぅーーー」

「うう・・・ゆるしてよぉ・・・あずにゃーん」


行為のあと私はあずにゃんに怒られていた。
あずにゃんはぷくぅーっと頬を膨らましてプンプンしている。
何故なら、あずにゃんのぱんつ様がお亡くなりになってしまったからだ。
・・・もちろんあずにゃんのおつゆでね?

当然一枚しかないぱんつだから、脱いだらノーパンになってしまう訳で・・・。


「どうしてくれるんですかっ! これじゃ午後の授業受けられないですよっ!」

「ぶー・・・ごめんっていってるじゃん。それにあずにゃんだってあんなに気持ちよさそうにしてたくせにぃ・・・」

「うぐっ!」


私もあずにゃんに負けじと頬をぷくぅーっと膨らませ抗議した。
そんな私の言葉にあずにゃんは顔を真っ赤にして言葉を詰まらせる。


「うう・・・そ、それとこれとは話が別ですっ!」

「あ~、そんなこと言っていいのかなぁ~。もうこういうことしてあげないよぉ?」


まあもちろん冗談なんだけどね。
もうしないなんて事になったら私の方だって耐えられない。
そしてそれはあずにゃんにも効果は絶大だったようだ。


「ええっ!?・・・そ、そんな・・・そんなのダメですっ!」

「じゃあ、許してくれるよね?」

「うう・・・卑怯ものぉ・・・」


涙目になって唸っているあずにゃんはやっぱり可愛いなぁ…。

――そんな事を考えながら、長くて短いお昼休みが終わりを告げましたとさ。



あ、結局あずにゃんはノーパンで午後の授業を受けたんだよ・・・えへへ。




おしまい



【あとがき】
最後まで読んでくださってありがとうございました。
前回たまにと言いましたが、自分の脳はいつでも何処でも暴走中です。
でもまあ、とりあえずエロは当分ありませんのであしからず・・・。

ではでは!
[ 2009/09/10 00:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。